第6話:ずさんな調査?悪徳な探偵や興信所


――実際に悪徳な探偵会社というのもあるんですか?

悪徳な会社というものについて私達が最初斡旋を始める時に調べたんですけど、悪徳の定義をどこに置くかという時に依頼者が納得するような形で納められれば多分悪徳な会社にはならないと思うんですよ。

悪徳としてよく言われるのが実は調査をしていなかったとか、報告書の時系列がおかしいとか、実際に見積もりを取ったらネットで掲載している内容と全く違っていたという事ですね。

後は離婚の調停など法的な用途で必要なのにその報告書が作れないというケースもあります。極端な話、正直プロとしてはNGなんですけど写真に日時が入っていないという初歩的なミスをやってしまう所もあったりするんです。

このようにずさんな調査をしている場合が悪徳と言われ、費用をぼったくるから悪徳と言われるケースは殆どないんですけど、大手が費用もぼったくっているというイメージがあるのも事実ですね。

やはり下請けとか集客が出来ない小さな会社が「大手は無駄に人員を使って費用を水増ししている」とか「5人で調査したと言っておきながら実は2人しか調査していなかった」という風に報告してくるんです。

もしこれが本当だとしたらこれこそ悪徳なんですけど、そういった下請けからの情報を確認するのも中々難しいので正直依頼者の方としては判断に困る所だと思います。

ここに頼めば安心という探偵会社はある?

――ここに頼めば安心という探偵会社というのはありますか?

正直それも難しいですね。このインタビューの為に私も調べたんですけど、実は私達が依頼していた会社がもう仕事をしていなかったりしたケースもありました。要は依頼が来なくて潰れてしまっていて、やはり大手には敵わなかったのかなと思ったりもしました。

大手であるというだけなら「MR」という所が最大手ですね。特に女性探偵の部分ではトップです。ただここに頼んでおけば大丈夫という事になるとネット上で私達が依頼している中では「オフィス雨宮」という所しかないですね。

オフィス雨宮をネット検索すると分かるんですが、正直HPもそんなに一生懸命作っていたりする訳ではないです。ただここは下請けの経験が長い為か安い料金でやってくれますし、人柄も優しくて良心的で依頼者の為を思ってやっていらっしゃる方だなと思います。

それ以外は正直よく分からないので怪しいですね。探偵会社というのは毎月毎月たくさん依頼者が来るという訳ではないので取れる時に取ろうという感覚がどうしてもあるんですよ。

ですから調査期間の延長であったり、人員の増員などをして費用の水増しを図ろうとする会社がやはり多いかなというイメージがありますね。


関連記事

第15話:浮気調査の調査報告書の内容

――先ほどから調査報告書の話が出てくるんですけど、調査報告書にはどのような事がまとめられているのですか? まずは何時に調査を...

記事を読む

第14話:浮気調査の依頼動機には様々な理由がある

――話せる範囲で構いませんので浮気調査に関する面白い体験談があれば教えて頂けますか? 結果としては浮気ではなかったんですけど...

記事を読む

第13話:浮気がばれた後に離婚になる確率

――浮気がばれた後に離婚になる確率はどれぐらいですか? 正直離婚になるかならないかというのは私達の立場では分かりづらいんです...

記事を読む

第12話:男性の浮気相手として多い女性のタイプ

――男性の浮気相手として多い女性のタイプはどのような方が多いですか? 会社の同僚とか後輩というのが多いのかなと思います。やは...

記事を読む

第11話:浮気調査を依頼するのは概ね30代から50代の既婚者

――浮気の調査対象というのはやはり既婚者なのですか? 殆どの場合は既婚者ですね。相談に関しては彼氏や彼女、それから親類縁者と...

記事を読む